一粒で二度おいしいか?

ケニー・ドーハムの全貌は聞き込みの浅い僕にはまだまだ掴めませんが、これは当時(1957年)の意欲作だったのでしょうか。実はこれ、『dukeさんのアドリブ帖』のネタからペティフォードの検索中に出てきました。 こうやって、棚から出しては聴いているとなかなか次に進めませんが、これが楽しみでもある訳ですね(笑)•Kenny Dorham - Jazz Contrasts (Riverside RLP 12-239) Kenny Dorham (tp) Sonny Rollins (ts) Hank Jon... 続きを読む